> 本物のジェラルミンケースをつくってみよう!! 第二話 まずは本物の板(A2017)を入手
本物のジュラルミンケースをつくってみよう!!

第二話 まずは本物の板(A2017)を入手

折角ご紹介しておいて、「存在しません」だけでは無責任なのでこの際本物を作ってみます。まずは本物の板を入手しなければいけません。代表的なA2017の板をネットで探してみました。幸運にも切板で調達できました。

加工製が悪く曲げが難しいので切板のまま表面材として使うことにします。溶接性も悪いので各面はリベットでつなぐ事にします。

このままですと耐食性が悪く直ぐに腐食してしまうので、表面処理の必要があります。アルミの表面処理と言うとアルマイト処理が最もポピュラーですが、ジュラルミンはアルマイト性も良くありません。そこで本来の輝きを維持する為、半艶のクリアー塗装を施しました。これで準備万端整いました、次はどんな形状のケースにするかです…