> 本物のジェラルミンケースをつくってみよう!! 第三話 どんな形にしようかな…
本物のジュラルミンケースをつくってみよう!!

第三話 どんな形にしようかな…

どんな形にしようかな・・・と色々考えていましたが、一口にケースといっても色々な形が有ります。皆様がジェラルミンケースといってすぐに思い浮かべるのは、アタッシュケースタイプのものだと思います。現金輸送で使われているものといえば想像しやすいですね。

アルミケース(ジュラルミンケース) AT-3300アルミケース(ジュラルミンケース) AT-1000

その他に一般的な形ではボックスタイプもあります。こちらは様々な用途で使われています。テレビでもカメラマンが使ったりしています。

アルミケース(ジュラルミンケース) AT-4100アルミケース(ジュラルミンケース) AT-8100

これらの切り板をアングルで組み合わせるタイプはサイズの変更が可能なので、細長いタイプやハンドルが埋め込み式のものなど比較的大型のものも作れます。

フジコーワ 特注製品フジコーワ 特注製品
フジコーワ 特注製品

ただ、今回は入手した材料が少ないので余り大型のものは作れません。やはりもっともスタンダードなものが分かり易いだろうとの事から、アタッシュケースタイプを製作することにしました・・・。