ECS社製品 | フジコーワ工業|アルミケース・アルミトランク・キャリングケース・ハードケースの開発・製造・販売

PRODUCTS製品一覧

ECS社製品

ECS社製品

ECS Composites社(イーシーエス コンポジッツ社)は、1955年米国オレゴン州に設立以来、米国陸・海・空軍をはじめ、欧州のNATO軍等へ納入する高品質のFRP製ケースを製造してきたメーカーです。
『コンプレッションモールディング製法』によるクオリティとその技術力は、世界中で最も厳しいといわれるMIL規格(米軍規格)をクリアするケースの製造を可能とし、同社の製品は地球上のあらゆる環境条件下で安定した性能を保持、収納物を保護します。
ECS Composites社の理念はフジコーワ工業の理念と数多くの共通点があり、これまで10年を越える技術提携を経て、わたしたちフジコーワ工業で同社の日本市場向けケースの生産・販売を担当するに至りました。自信と誇りを持って、この高品質FRPケースを皆さまにご紹介します。

ECS MIL-SPEC ケース

  • 世界中で最も厳しいといわれるMIL規格(米軍規格)に合致しています。
  • 完全気密で水中1mに沈めても水の侵入はありません。
  • -50℃から+90℃まで、どんな環境下でもその性能は変わりません。
  • FRPコンプレッションモールディング製法による強靭なシェルは弾丸をも通しません

ECSケースは、市販の電子回路試験装置から軍用の戦闘制御システムにいたるまで、さまざまな精密電子機器の輸送に数多くの実績を持っています。また自動試験システム、医療活動用機器、SDI電子部品、スペース・シャトル実験装置、貴重な芸術作品などの保管、輸送用としても世界中で幅広く利用されています。

ECSケースの特徴

成形方法『コンプレッションモールディング』

弾性プラグアシストコンプレッションモールディング(Elastomeric Plug Assisted Compression Molding)製法を用い、FRP素材を成形しています。型枠内にガラス繊維マットを幾層にも敷いて、ポリエステル樹脂を流し込み、弾性プラグで全方向に対して均等に加圧。これにより、均一で強靱なFRPシェルが生産されます。

※ECS Composites社のFRPケースシェルは、100tから最大1200tのプレスマシーンにより成形されます。

ECS社製品

ECS社製品

ECS社製品

コストパフォーマンス

どれほど高価で高精度を誇る機材でも、必要な時に必要とされる場所で確実にその機能を発揮できなければ、まったく価値はありません。ECS Composites社のケースは、あらゆる環境・輸送条件から電子・精密機器を保護し、その機能を遺憾なく発揮させる最もリーズナブルな選択です。
例として、ヘビーデューティートランジットケースと同性能をアルミケースで達成するためには、約2倍のコストがかかります。開発当初から収納物の保護を最優先課題に設計されたECS Composites社のケースは、その性能において比類なきコストパフォーマンスを誇っています。

ECS社製品

ECS社製品

ECS社製品

ECS社製品

ECS社製品

環境対応

製品の用途や部位により、多種のガラス繊維マットのなかから最適なものを選択します。樹脂はイソフタル酸ポリエステルを使用し、広範囲な温度において物理的にも科学的にも強く、安定した材質を作りあげています。
成形されたFRPシェルは、曲げ加工後、強固に溶接された強い接着力を持つエポキシ樹脂により完全に一体化されます。
さらに高い気密性を得るため、フレームにガスケットを装着。このプロセスを経ることで、3psiの内外気圧差にも耐える完全密閉型ケースの製造を可能としています。

素材(FRP)・構造

中東の砂漠から北極圏まで、地球上で想定されるあらゆる気象条件に対応します。さらに、航空機、船舶、自動車などさまざまな輸送条件にも対応。どのような環境下におかれてもケースの性能を損なわず、収納物を確実に保護します。