業界初AR体感プロジェクト「AR-PROTEX」始動 | フジコーワ工業|アルミケース・アルミトランク・キャリングケース・ハードケースの開発・製造・販売

お知らせ

業界初AR体感プロジェクト「AR-PROTEX」始動

 

フジコーワ工業株式会社(代表取締:盛谷安春)は、ARクリエイティブチーム「dendoh」(株式会社DENDOH 代表取締役:押田大輝)との共同プロジェクトとして、PROTEXキャリーをARで体感可能な「AR-PROTEX」プロジェクトを発足致しました。
PROTEXは「収納物を守る」キャリーケースをコンセプトとしていることもあり、「実際に器材を収納出来るか試したい」とショールームを訪れる人も少なくありません。
今回の「AR-PROTEX」プロジェクトは、そうした要望に場所を選ばずに応え得るものとして、ARクリエイティブチーム「dendoh」と共同でスタートした取り組み。
本プロジェクトの先駆けとして、特にサイズ感に関するお問い合わせを日頃頂く業界最長90cm級キャリー「FP-90」と、機内持ち込みサイズ多機能キャリー「FPZ-07」のAR体験コンテンツを実装しました。
外観モデルに加え、実際の収納物とのサイズ対比を試して頂ける内装モデルの両方を、それぞれ試していただけます。

 

特設サイト
https://protex.dendoh.co.jp